忍者ブログ
花粉症に悩むあなたに最新情報を紹介
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
杉の子ルンルン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ノニの豊富な成分を研究した結果、あらゆる疾患の治療に役立つといわれています。ノニは免疫力を最大限まで引き出して、高血圧、糖尿病、肝機能障害などの病気や不快症状を撃退するというわけです。逆に免疫機能の過剰反応によって起こる、アトピー性皮膚炎や花粉症も改善します。糖尿病、高血圧などの生活習慣病やガンに効果がある、またアトピーや花粉症などのアレルギーにも有効であると言う研究結果もあるようです。

PR


ノニ(学名モリンダ・シトリフォリア)は、日本名で「ヤエヤマアオキ」といいノニ日本では小笠原諸島や沖縄に自生しています。現地の人々にはノニは「あらゆる病気に効く」「自然がくれた奇跡のフルーツ」「驚異の果実」として2000年以上昔から現地の人々の間で健康維持のために珍重されてきました。実の収穫も一年になんと4回、枝にすずなりになるというノニは、それだけ生命力にあふれた植物といえるでしょう。ノニに含まれているプロゼロニンは体内に入るとゼロニンに変化し、体内で吸収されることで、自然治癒力を高めることができるといわれています。

熱帯・亜熱帯地方では、ノニは農作物として栽培され、その全ての部分(根・葉・果実)が使われています。染料、スパイス、建築材料、その他様々な民間薬として利用されてきました。フィジーでは食用としても利用され,生で食べることさえあります。また伝統医療に占める重要性は驚くべきもので、やけど・発熱・外傷・の治療にまで使用されているほどです。

ノニの効果と成分がすべて解明されたわけではありませんが、この活性酸素を除去する力と、ノニに含まれているプロゼロニンという成分にその秘密が隠されているという説があります。プロゼロニンはパイナップルやパパイヤなどにも含まれますが、ノニにはこれとは比較にならないほど多くのプロゼロニンが含まれています。プロゼロニンは体の中でゼロニンという成分に変化して、病原菌や毒素をとり除き、免疫機能を正常化させます。


ポリネシアン・ノニ100の特徴
◎こんな方におすすめです◎
・生活習慣病が気になる方・ダイエットに・美容に・毎日の健康維持
○独自の製法でノニ果汁独特の味や臭みを軽減させ、飲みやすくなりました。


○「ノニ」とは・・・南太平洋に浮かぶ島々で「奇跡のフルーツ」

「神様からの贈り物」と呼ばれ、2000年以上も前よりて利用されてきました。常緑樹になる果実で、白い小さな花を密集させてつけ、そこからゴツゴツとした果実をつけます。この花は、一年中次から次へと咲き、一年に何度も果実を摂ることができます。それほどに強い生命力を持っているのです。







食事は栄養バランスの整ったものを食べることが基本です。しかし、軽い花粉症の人や花粉症にかかる可能性の高いアレルギー体質の方などは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6などの栄養素の入ったサプリメントを利用して、これを積極的に摂取されるのもいいでしょう。ビタミンAは花粉の体内進入を阻止し、ビタミンCはアレルギー症状を起こす原因物質のヒスタミンの体内での放出を防ぎ、ビタミンB6はヒスタミンをすみやかに分解する働きがあります。そもそもサプリメントは、体質改善にも役立ちますので、今年花粉症にかかってしまった人でも、摂取を続けていると翌年はかかりにくくなる可能性はあるでしょう。




NOリバンドグッズ宣言グッズ


花粉によりひどい炎症を起こしている患部には 非常に多くの活性酸素が発生していて それを抑えるために余計な手間がかかりますからできるだけ患部が炎症を起こす前に抗酸化剤を摂取することをお勧めします。

ところで花粉症は近年患者数を増やしているアトピー性皮膚炎やぜんそくと同じアレルギー疾患の1つだといわれています。アレルギー反応とは、体に入り込んできた異物をやっつけてくれる体の防御反応が、過剰に働いてしまうことをいいます。本来なら私たちの体を守ってくれるはずの体のメカニズムがうまく働かず、自らの細胞を攻撃し、傷つけてしまうのです。このアレルギーを引き起こす物質をアレルゲンといいます。花粉症(アレルギー)に負けない体作り、すなわち過剰に発生する活性酸素を撃退するためには、自分自身の抗酸化力・免疫力を向上させることです。ここに「抗酸化剤としてのサプリメント」の力が発揮されるのです。






花粉症をサプリメントで抑えようとする場合 花粉症の時期よりも 早めの摂取が必要といわれています。薬事法の関係で、各サプリメントの効果を具体的にここで触れることはできませんので、一般論としてご説明します。

花粉症用のサプリメントは 大きく分けると2つに分かれます。ひとつが、患部の炎症に直接作用する主に活性酸素の産生を抑制する「抗酸化剤」をつかったもの、もうひとつが 体内のアレルギー抑制効果のある必須脂肪酸を サプリメントの力を借りて 自ら産生して根本的に治療するものです。


花粉症のつらい症状をできるだけ軽くするためには、ビタミンやポリフェノールを多く含む野菜をしっかり食べることを心がけましょう。そして甘いものや動物性タンパク質、脂肪をとり過ぎないように、またストレスをためないようにすることも大事です。



花粉がカラダに入ると、アレルギーを起こす物質が出ます。これが「抗原」と よばれているものです。この「抗原」と戦うのが「抗体」で、「抗原」を捕まえた時に、ヒスタミンやロイコトリエンなどの神経を刺激する物質を出します。その刺激を受けて、カラダは異物が入ったことを察知して、くしゃみ・鼻水・涙などがでます。これがアレルギー反応です。さらにアレルギー反応により炎症が起こると、そこに大量の活性酸素(カラダを酸化させ、アレルギーだけでなくガンや動脈硬化などの生活習慣病、老化を引き起こす)が発生し、症状はさらにひどくなります。ポリフェノールは、神経を刺激するヒスタミンなどの発生を抑える働きがあるだけでなく、活性酸素を抑制する抗酸化作用があるため、炎症を緩和すると考えられているのです。






効果があるのは果皮の抽出物で、トマト特有のポリフェノール「ナリンゲニンカルコン」を含んでいます。これは、トマトの赤い色素成分で、ヒスタミンを抑える働きが認められました。ただし、一般に私たちが食べている生食用トマトは「ナリンゲニンカルコン」をほとんど含まず、加工用・調理用トマトが比較的多く含んでいます。かといって、トマトケチャップやトマトジュースも、製造時に果皮を取り除いてしまうため、製品にはほとんど含まれず、トマトジュースをがぶがぶ飲んでも効果は得られません。また加工用トマトを生のまま皮ごと食べて効果があるかどうかは、まだわかっていません。


花粉症対策として、症状を緩和する食べ物がいろいろ紹介されていますが、今注目されている食べ物の多くに共通する成分が「ポリフェノール」なのです。キッコーマンは未病医学研究センターと共同で、トマトの抽出物にくしゃみなど花粉症の症状を緩和する効果があることを確認しました。


忍者ブログ [PR]