忍者ブログ
花粉症に悩むあなたに最新情報を紹介
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
杉の子ルンルン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



最近はお茶を飲むだけではなく、食べることを勧めるひとが出てきました。しかし、緑茶には、カテキン類などの有効成分以外にも色々なものが含まれています。例えば、緑茶に含まれるカフェインなどの過剰摂取は、過度の緊張状態が続き、心臓に負担がかかり動悸、息切れが起こったり、不眠になったり、さらには胃腸障害が起こる虞もありますので注意が必要です。
PR


従来の抗ヒスタミン薬は、眠くなるという副作用がありますので副作用のない緑茶は、飲んだとき約10%程度は消化管から、有効成分が吸収されることがわかっているので、ふつうの濃さの緑茶を3時間置きに飲み、合計で1日10杯(約2リットル)程度飲むようにしてはいかがでしょう。ただし、花粉症が起こる時期になって急に飲み始めるのではなく、ふだんから飲んでいることが大切です。また、効果を期待するあまり、あわただしい気分で飲むのは、好ましくありません。


花粉症に効き目があるといわれているハーブやお茶もいくつかあります。薬ではないので花粉症を治療できるわけではありませんが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった気になる症状を緩和させるために毎日の生活に取り入れてることをおすすめします。


緑茶は最近では、ガンの予防効果、インフルエンザの予防、殺菌作用による食中毒の予防など多くの効能が話題になっています。特に緑茶などに含まれるカテキンにはアレルギー症状を引き起こすヒスタミンが過剰になると、それを調整する作用があると言われています。最近になってフラボノイド、多糖類、フッ素等の成分がガンを抑制する働きがあるということなどから注目を浴びていますが、緑茶に含まれるポリフェノールの一種、カテキン類にアレルギーを抑える効果があるといわれているのです。このため益々緑茶を見直すことになっています。緑茶のカテキンの特長は吸収が早いということです。皮膚や粘膜を保護する働きと殺菌作用など緑茶は身近な最高の飲み物ですね。でも、効果を出すためには、1日10杯以上のお茶が必要だそうです。なかなか難しいですが、お茶は、日本人にとっては身近な飲み物ですから、なるべく進んで飲みたいですね。


忍者ブログ [PR]