忍者ブログ
花粉症に悩むあなたに最新情報を紹介
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
杉の子ルンルン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



どくだみは、東南アジア、ヒマラヤと北アメリカに分布するドクダミ科の多年草で 平地の日陰に多く群生しています。茎は高さ20~40センチメートル、葉は先のとがった卵心形で 六月頃、円柱状の花穂に黄色の小花をつけます。利尿作用があるといわれる事で有名なドクダミ。その他10の薬効があるといわれる事から十薬ともいわれています。ドクダミには、生葉を使う方法と乾燥させて使う方法とがありますが、十薬は、主に乾燥させたドクダミを指し、薬効を大きく分類すれば、利尿・緩下作用、血圧調整作用、毛細血管強化作用、消炎作用の4つの重要な作用があるため、万病にも対応しているといわれています。
PR


忍者ブログ [PR]