忍者ブログ
花粉症に悩むあなたに最新情報を紹介
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
杉の子ルンルン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



人体の生命維持に不可欠な栄養素として、蛋白質、脂肪、ビタミン、炭水化物、ミネラル(無機質)があり、これらは五大栄養といわれます。特に最近、ミネラルの重要性が問われるようになりました。代表的なカルシュウム、リン、カリウム、イオウ、塩素、ナトリウム、マグネシュウム、などが、体内の4%のミネラル成分の大部分を占め主要ミネラル元素といわれ他は、微量とされています。

人体には約70種類以上のミネラル成分が存在しその中でも必要なミネラルが16種あると言われます。鉄、亜鉛、銅、マンガン、カルシウム、クロム、リン、セレン、モリブデン、フッ素、ニッケル、そしてバナジウム等で、病気の発症や予防、治療に大きく影響を及ぼすミネラルです。

これらのミネラルは、栄養素の取り込み、体内酵素の生成、新陳代謝機能の促進など、と生体を維持する為には無くては成らない微量成分です。これらの微量ミネラルは、人体内で占める割合が極微少量でも生理や生体機能に欠くことの出来ない大切な元素と言えます。

特にバナジュウムは、脂肪代謝異常、呼吸器衰弱など・・・・血糖値を下げるインスリン効果がある事が最近云われるようになりました。バナジュウムは、人間の体内には約50μgと超微量含んでいるといわれ、糖尿病に起因する高血圧、痛風、高脂結晶、網膜症、などの合併症や成人病予防・体質改善に期待できるミネラルと云われています。このようにバナジュウムは、人体内で占める割合が極微少量でも生理や生体機能に欠くことの出来ない大切な元素です。健康に大きく影響している事が最近明らかになりつつあります。
PR


忍者ブログ [PR]