忍者ブログ
花粉症に悩むあなたに最新情報を紹介
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
杉の子ルンルン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



頭がボ~ッとして集中できないときに効くのが天柱です。首の後ろで、首と頭の骨の境目にあります。両手を、バレーボールのトスをするような形にします。その形のまま頭の後ろに持って行きますと、親指のあたる所が天柱です。親指で上に突き上げるように押しながら刺激します。



★最大ポイント12倍★3/9(金)23:59まで 詳しくはこちら♪花粉・ペットの毛・ホコリを撃退!強力...
PR


くしゃみ、鼻水の他、鼻詰まりもある時は、迎香が良く効きますが、その場所は、鼻の横で、鼻の幅が一番広くなっているところにあります。人差し指一本で、ゆっくり押しながら刺激します。


【オゾンとイオンのダブルパワーで花粉を撃退!】【花粉症対策グッズ】空気清浄機「クレバート... 「クレバートリックII」は、独自の特殊電極装置搭載で、マイナスイオンと適量のオゾンを生成、穏やかなイオン風を7m先まで拡散、この1台で、約16畳の室内の空気を浄化します。 マイナスイオンが空気中のホコリ・タバコの煙・花粉・ハウスダストなどを撃退し、オゾンがタバコやエアコン・ペットなどの臭いを分解し脱臭・除菌します。


くしゃみ、鼻水を止めるには、手三里が良く効きます。お腹の調子も整えますので、症状が無い時でも時々刺激すると、お肌の調子を整える効果も期待できます。場所は、肘を曲げた時にシワができます。外側に出来たシワの先と、親指と手首の境目を線で結びます。その線上で、肘側から三分の一くらいの場所にあります。人差し指、中指、薬指の三本をそろえ、指の腹で20~30秒位、ぐるぐると回すように軽く刺激します。


東洋医学的には、鼻の周辺や前頭部、後頭部にある特定のツボを刺激することで、クシャミ、鼻水、鼻づまりなどの花粉症の症状が一時的ですが改善します。同時に、耳介は全身の異状が反射投影されていると考えられ、耳のツボにも花粉症の症状を和らげる作用があります。 但し、花粉症と言っても、アレルゲンが何であるかによって、また、体質によっても”つぼ”は違いますので注意が必要です。

 花粉症そのものというよりも、辛い症状である「くしゃみ、鼻水」に良く効くつぼが、手三里(てさんり)、迎香(げいこう)、天柱(てんちゅう)の3箇所です。これらは、一日に何回刺激してもかまいませんし、一つのつぼだけを刺激するのでもかまいません。お風呂に入ったときなどに、少しずつ毎日行ってください。但し、決して、早く良くなろうと頑張ってやり過ぎないで下さい。かえって悪化させます。物足りないくらいが、丁度良いのです。


忍者ブログ [PR]