忍者ブログ
花粉症に悩むあなたに最新情報を紹介
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
杉の子ルンルン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





1袋中に乾燥アガリクス5gを抽出した濃縮液が含まれています。「蘇源」レトルトタイプは、当社独自の熱水抽出法で製造されています。製造過程で外気にふれることなく、全工程を自動化されたサニタリー配管のクリーンな生産環境の中で行い完全な滅菌システムを実現、最新のコンピュータ制御による抽出をしております。β-グルカンを損なうことなく高品質で高濃度のアガリクス茸抽出エキスに仕上げました。 


 
20,475 円


 

通常のアガリクスと比べ、10倍(当社比)ものβグルカンを含有するアガリクス菌糸体(根っこ)と、アミノ酸や多糖類を豊富に含むアガリクス子実体(カサや軸)、βグルカン同様のパワーを発揮する新成分マンノース、ガラクトースを含むPL2・PL5メシマ菌糸体をハイブリッド。各種有効成分が織り成す相乗パワーで総合的に作用し、体内を活性化します。上質な原料にこだわり、永年の研究から割り出した適格な配合比率と、特許製法を初めとする独自の技術で、2種類のキノコから抽出した3種のエキスをハイブリッドした「蘇源アガリクス・ハイブリッドβ・メシマ」。今、最も新しいアガリクス食品として話題を呼んでいます。

29,400 円



アガリクスはブラジル原産のキノコで、学名をアガリクス・ブラゼイ・ムリルといいます。古くはインカの時代から「神の茸」、あるいは「太陽の茸」として尊ばれ、食用に供されていたといわれています。その自生地が有数の長寿地帯であったことから、健康食品の素材として利用が進んでいます。
アガリクスは、自生するものは土壌で育ちますが、栽培する場合は一般的に堆肥で育てます。アガリクスは栄養源である土壌や堆肥から、成長に必要な成分のみならず、それ以外の物質までも体内に吸収、蓄積していきます。


アガリクスは、タンパク質と糖質に富む栄養豊富なキノコであり、多糖体である総β-グルカンは乾燥重量の約10%を占めます。一方で、栄養価に富むがゆえに非常に腐りやすいキノコであることも事実です。収穫後1日も経たないうちに褐変化し、腐敗臭を放ちながら液状化しますので、生の状態で流通することはほとんどありません。

アガリクスはこちらでー―>花粉症NAVIのショッピング


忍者ブログ [PR]