忍者ブログ
花粉症に悩むあなたに最新情報を紹介
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
杉の子ルンルン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



柿の葉には、ビタミンCやタンニン・フラボノイドなどが含まれています。特にビタミンCは、レモンの約20倍と豊富に含有されており“プロビタミンC”という熱に強い形で含まれているので、お茶にした場合もビタミンCを損なわずに摂ることができます。



若葉にはビタミンCが大量に含まれています。このビタミンCはプロビタミンCでビタミンCになる手前の状態ですので熱にも強くお茶にしても失われません。ビタミンCは感染症への抵抗力をつけたり、メラニンの生成を抑えたり、コラーゲンの生成に働いて血管壁を強くしたりする働きがあります。最近TVなどで花粉症への症状緩和の効果もあると言われ注目の品でしょう。柿の葉はビタミンが豊富なことで有名で、レモンの20倍、ほうれん草の10倍といわれます。柿の葉には、血圧降下成分のケンフェロール、グルコサイド、クエルセチンが豊富に含まれており、動脈硬化の防止、血圧の降下作用があり、高血圧や心臓病の人にも有効といわれています。





柿茶【柿の葉茶4g×96袋】3個セット (四国産柿の葉100%)
20,475 円
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「紅ふうき」とは
「紅ほまれ」は非常に歴史の古いお茶で、日本で紅茶を製造していた頃の改良品種です。その「紅ほまれ」と中国系の「ダージリン」を交配し、紅茶用として作られた品種が「紅ふうき(べにふうき)」です。 1993年に農業技術研究所機構 野菜茶業研究所が育成したもので、最近になってこの紅ふうきには、渋味成分であるカテキンのうち、花粉に有効なメチル化カテキンが他の品種より多めに含まれている事が発表され、非常に注目されているお茶です。このメチル化カテキンは、発酵させると無くなってしまいますので、...
URL 2007/04/07(Sat)14:03:17
花粉症マスクの効果
ここ数年、春先になると花粉症マスクをかけた人をしばしば見かけるようになった。花粉を吸い込んで、花粉症の症状がひどくなるのを避けるためだが、この種の花粉症マスクの花粉阻止効果は2
URL 2007/04/18(Wed)18:29:17
忍者ブログ [PR]