忍者ブログ
花粉症に悩むあなたに最新情報を紹介
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
杉の子ルンルン
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



くしゃみ、涙目が止まらなくなるとっても辛い花粉症。花粉症は、粘膜から進入してくる異物を追い出す、体を守る免疫システムの過剰反応から起こるものです。

 ヨーグルトは、乳酸菌が含まれていますので、摂取することで善玉菌を増やして腸内を健康に保ってくれます。近年ではその腸内細菌のバランスを整える力が、花粉症にも効果があると話題です。

そもそもヨーグルトは牛乳に乳酸菌(ビフィズス菌、ブルガリア菌、アシドフィルス菌、サーモフィルス菌、ヤクルト菌など)を入れて発酵させた乳製品であり、6千年前のエジプトで、飲み残した乳に偶然菌が入り込み、それを発見した古代人が飲んだことに始まるといいます。

 乳酸菌が多いヨーグルトを食べ続けると、腸内細菌のバランスが整えられ、善玉菌が腸の粘膜に開いていた穴をしっかり修復。そして、この健康な腸ならば、卵類や肉などに多い「異種タンパク質」も侵入しにくくなり、腸、さらには鼻の粘膜で活性し過ぎた【Th2】が抑えられるという最新の学説。(発掘あるある大辞典より)

 ヨーグルトは、それ自体に含まれるタンパク質が製造過程で発酵分解されているため、異種タンパク質にもなりにくい食品。

これらの効果がテレビで取り上げられ、いまや毎年花粉の季節になるとヨーグルトが飛ぶように売れているそうです。

 ヨーグルトの原料でもある牛乳も完全栄養食品といわれていますが、ヨーグルトは、牛乳に乳酸菌というすばらしい効果がプラスアルファされていて、たんぱく質やカルシウムの消化吸収もヨーグルトの方が優れています。乳酸菌にはすばらしいパワーがあります。腸内の有害物質を排泄してくれたり、身体の免疫力アップは、この乳酸菌の力です。

 乳酸菌の効果としてあげられるのが、乳酸菌が作り出す乳酸や酢酸です。これらが腸内を刺激するので便通(お通じ)の改善に力を発揮し、消化吸収も高めて腸内のバランスをきちんとしてくれます。また腸内ビフィズス菌の増殖も手伝ってくれます。乳酸菌には腸内で作られた有害物質を排泄してくれる働きがあるので、ヨーグルトを食べ続ける事で腸内ビフィズス菌がたくさんになり、腸内がパワーアップします(整腸作用)。さらに乳酸菌には、免疫力をアップさせる作用もわかっています。乳酸菌を毎日摂取する事で整腸作用、病気予防にも効果的なのです。
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]